ツキ板について

ツキ板の物語

ツキ板とは?

ツキ板という言葉は、突いて削り出した板ということであり、英語のSliced Veneer(スライスベニヤ)という言葉が最もよくあてはまります。しかし、ツキ板という言葉はスライド単板(平削単板=Sliced-cut Veneer)だけに限定されるかというと決してそうともいえません。スライド単板は、家具や建築物などの内装表面材、つまり化粧用として使われることから化粧単板ともいわれています。
したがって、ロータリーで丸剥にした薄い板、ロータリー単板(丸剥単板=Rotary-cut Veneer)も化粧用として使われることから『ツキ板』ということが多いです。
pict_04_01

世界におけるツキ板の歴史

ツキ板を他の板類に張り合わせることは、古代エジプト文化時代に当時の指導階級が、その手廻り品や家具・椅子などに用いたことがピラミッド内の遺品などに残っているといわれ、さらにバビロニア、アッシャリヤ時代からギリシャ、ローマ時代においても王朝の家具、壁面などにツキ板貼りしたものが用いられています。中国では紀元前からツキ板貼りの工芸品が作られており、わが国では奈良時代に工芸が発達しツキ板貼り工芸品が作られ、正倉院の宝物の中にツキ板貼りの手箱がみられます。 pict_04_02

大川市における化粧合板の歴史

pict_04_03 ツキ板の創始時期は、昭和6~7年に遡ります。
当時は、下駄の表面に、セルロイド、桐、タモのコブ杢、トチのコブ杢の薄板を貼っていました。

タモのコブ杢等、いわゆるツキ板は東京・静岡方面より下駄用材料業者と通じ仕入れていました。東京、静岡、大阪においては、すでにツキ板製造とそれを利用する、小物家具、履物製造業との分業化が進みかけ、ツキ板製造の専業数社がみられました。
そのツキ板を鏡台や、茶タンスに利用していることを知り、家具表面にツキ板を貼ることに着目し、その研究に着手したのが大川家具への利用の始まりです。

現在、家具から住宅機器、建設材料や内装材、自動車、船舶、楽器、運動器具、文房具等にツキ板の用途は拡大を続けています。

ツキ板の種類

pict_04_04
この他にも多品種をご用意しております。また小ロットにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

ページ上部に戻る